中古マンションのリノベーションを検討中の方へ!対面キッチンについてご紹介!

2020/2/7(fri)

「中古マンションをリノベーションしたい」
「リノベーションして対面キッチンを作りたい」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

リノベーションの経験がない方は、分からないことが多いですよね。
そこで今回は、中古マンションをリノベーションして、対面キッチンにするメリットやデメリットについて紹介します。

 

□対面キッチンのメリットとは

対面キッチンには、多くのメリットがあります。
ここでは、3つほど紹介します。

1つ目は、「家族との会話が増える」こと。

 

対面キッチンは、他の種類のキッチンに比べて、オープンになっているので、家族と会話がしやすいです。
皿洗いや料理などの家事をしながら、簡単に家族と会話ができるのはうれしいですよね。

2つ目は、「スペースが広く感じる」です。

対面キッチンは、他の種類のキッチンに比べて壁に囲まれていない為、開放感があります。
余分な壁がない分、スペースが広く感じられます。
リビングが広く感じられるのはうれしいですよね。

3つ目は、「配膳(はいぜん)が楽にできる」です。

対面キッチンは、独立型のキッチンに比べて配膳が楽です。

料理を簡単にカウンターに出せるので、お子さんと一緒に配膳もできます。

 

□対面キッチンのデメリットとは

対面のキッチンのデメリットもいくつかあります。
デメリットは、メリット同様に3つ紹介します。

1つ目は、「料理の際に出る匂いが充満する」です。

対面キッチンは、独立型のキッチンに比べて、料理をする際に出る匂いが広がってしまいます。
最近のレンジフードは高性能ですので、対面キッチンで料理をする際は換気をすれば問題ないですね。

 

3つ目は、「水や油が飛びやすい」です。
対面キッチンでは、オープンな分、油を使った料理をする際や洗い物をする際に、前方などに水や油が飛び散ってしまう可能性があります。

オイルカバーを付けたり、コンロ前だけ壁を設けたりすることでこれらの問題は解決できます。

 

今回は、中古マンションをリノベーションして、対面キッチンにするメリットやデメリットについて紹介しました。

対面キッチンには、開放的で最近では人気のリノベーションです。

メリットデメリットどちらも理解した上でリノベーションを行うことで、後から後悔することを防げますね。

 

自分の暮らし方にあった間取りで、快適に暮らしましょう^^

SCHOOL BUS(スクールバス空間設計)